We create.HARITA METALS

お電話でのご相談はこちら0766-64-3516
技術紹介/create technology

「動静脈一体車両リサイクルシステム」の実現による省エネ実証事業(NEDO採択事業)

私たちが提案する『「動静脈一体車両リサイクルシステム」の実現による省エネ実証事業』が、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の 「アジア省エネルギー型資源循環制度導入実証事業」に採択されました。
この実証事業を通じて、アルミ合金を合金系別に選別し、水平リサイクルを可能にする選別技術開発と、動静脈一体スキームの認証規格化を図り、電車車両リサイクルシステムの研究開発を今後3年間行っていきます。

 

詳しくはこちらのページをご覧ください。
「アジア省エネルギー型資源循環制度導入実証事業」に係る実施体制の決定について

●実証事業の概要

[背景・目的]

鉄道車両の約50%は軽量化の目的でアルミを使用しており、現在この廃アルミは自動車のエンジンブロック等にカスケードリサイクルされています。再生アルミの高度利用には、合金別に固体選別する技術開発が必要であり、これにより水平リサイクルの実現と省エネルギー型クローズドループの構築を目指します。

[実証内容]

鉄道車両を対象とし、 LIBSソーティング (※ )技術を活用したアルミ選別システム を構築する。
また、動静脈で連携した 、アルミ車両の水平リ サイクルを実証する。

 

※LIBSソーティング技術については、「LIBS PROJECT」のページを参照ください。
アルミ車両材の水平リサイクル (クローズドループ)イメージ図
Index
  • リサイクル先進技術取り組み事例
  • ハリタ金属の技術
  • リサイクルプラント